古い切手を切手買取専門店へ査定してもらうこと

先日実家を引っ越す際に自分の私物を整理していたのですが、その際に昔祖父からもらった切手のコレクションを見つけました。
祖父は切手を集めておりそれを大切そうに10冊ほどの専用のファイルに保管していました。
小学生の頃私はその切手の絵やイラストが好きで何度も見せてもらっていました。
そんな私に祖父はその大切なコレクションを成人式の際にくれました。
その事を何十年も忘れており先日それが出てきた際に改めてみて昔を思い出しました。
切手は中国のパンダのイラストのものや日本の江戸時代の絵が描いたものなど海外の切手も多く含まれており、消印が押してあるものも多数ありました。
古い切手が価値があると知っていた私は、売る気はなかったのですが、ネットで調べて近くの切手買取をしているところへ持参して査定をしてもらいました。
10冊ほどで日焼けなどは無くもしかしたら10万円ほどいくかもしれないと思いました。
査定結果が出た時には驚きました。
査定額は98万円で一つ一つ値段がつき状態が良かったことも額が上がった理由だそうです。
消印があるものも値段がついており驚きました。
私は思いでもある為に売りはせずに大切に保管する事を決めましたが、100円もしない切手が100倍以上の値段がつくことに大変驚きました。